製品・サービスのご案内

ガラクトオリゴ糖(GOS)

ガラクトオリゴ糖とは

  • 乳糖を除く2糖、3糖、4糖から成り、5糖以上をほとんど含まないガラクトオリゴ糖です。
  • 乳糖(ガラクトースとグルコースがβ-1, 4結合した二糖)にβ-ガラクトシダーゼを作用させたときに生成する、ガラクトースを主成分とする2~6糖のオリゴ糖の総称です。
  • 代表的な成分としては、乳糖にガラクトースがβ-1, 4結合した「4’-ガラクトシルラクトース(以下、4’-GL)」があります。4’-GLは母乳にも含まれている成分です。その他、乳糖に数個のガラクトースが結合した4~5糖や、ガラクトースとグルコースがβ-1, 3やβ-1, 6結合した2糖(転移2糖)も含まれています。
  • ガラクオリゴ糖の主要成分の構造

PAGE TOP

ガラクトオリゴ糖の特徴

  1. 腸内ビフィズス菌の増殖促進
    ガラクトオリゴ糖を2.5g/日摂取すると、腸内のビフィズス菌の有意な増加が認められています。
  2. 難消化性
    消化管では分解されず大腸まで到達した後、腸内細菌に利用されます。
  3. 便性の改善および排便回数の増加
  4. 低う蝕性
    ガラクトオリゴ糖はStreptococcus mutans等の虫歯の原因菌生育には利用されません。
  5. ミネラル吸収の促進

PAGE TOP

ガラクトオリゴ糖の物性

  • 低pH(酸性域)および高温に対して極めて安定的です。
  • 甘味度が低く、くせのない上品な甘味を有しています。
  • 保湿性が優れており、食品に適度な保潤性を持たせます。

PAGE TOP